不発連合式バックドロップ

日記と余談です。

雑記

顔が痛い

数日前に揚げ物の衣で切った舌の傷がいまさらやたらと痛んできて、昨日今日は痛みで食べられないしゃべられない事態になってしまった。よりによって今日は人に会うわ、会議があるわでしゃべらなければならない事が多く、そのつど舌足らず(この言葉も差別用…

急に寒くなったので

いきなり十二月、しかも年末年始並みの寒さですと言われても困る。季節のつなぎが雑すぎる、寒いから暑いは脱げばいいのでまだ対応が楽だが、暑いから寒いは用意がいるので少し過渡期が欲しい。薄手だがコートを出して羽織っていったわけだが、それで外を歩…

へっとへとです

昨日終わらなければならない仕事を先方に頼んで急遽今日一日時間をもらって何とか進める。ポジション的に現場と現場の仲介役となってあっちにメールこっちに説明すべてに目を配るという一番大変だけど評価されない仕事をこなしていく、誰か褒めてくれ。目標…

まだ先は長いけれど

一昨日くらいに金曜夜にかなり地獄のスケジュールの作業が振られる事を告げられており、大変だとわかっているのに何もできずにその時間までただ待つのは結構ストレスだった、やるならとっととやらせてほしい。そして本日いざ作業開始となって、息をするのも…

まぐまぐ

会社用のマグカップを床に落として割ってしまってからずっと前に使っていたマグカップを再度使っており、これはこれで猫柄の悪くないデザインなのだが如何せん小さいので容量少なめで、そろそろ大きめのが欲しいと思い立ち、先日購入した。そうしたら今度は…

残り物

夕飯は仕事場の人たちと中華料理を喰いに行き、〆の麺類飯類はパスしようと思ったが一口くらいは欲しかったので、後輩から少し炒飯をもらう事にした。それを食べて、麻婆豆腐が皿に少しだけ余っていたのでそれもたいらげ、これで終わりだと思っていたら「食…

薄くて大きい

長年、カツカレーのカツは薄く大きくが理想だと思っていたし、実際に発信もしていたのだがなかなかそういうところがなかった。ハムカツカレーでもいいのだが、それはあくまでハムカツのカレーであって、それはそれでよいのだが薄いトンカツではないのだ。そ…

ドリンク・デイ

午前中、仕事で立ち寄った先でチョコレートを出され一ついただいたのだが、コニャックが入っていてそれがわりと強かったらしく、たった一つなのにしたたかに酔った、ふわふわしている。明らかにおかしくなった自覚があったので先方に「酔っています」とスト…

はなうたはぎしり

俺の寝言はハキハキしている事はこの日記で書いた事があったはず。時に「はっはっは」とはっきり笑ったり、時に「引き出しに入っています」と仕事の電話のようであったり、時にカミさんと会話すらした事があったという。姉が言うには幼い時は一から十までは…

咳の日々

一週間ほど薬なしの様子見はするけれど、咳は時折ケホッとは出るもののそれは以前と同じなのでほぼ治まったと見てよく、一月前に撮ったCTにも怪しい影はないとの事で、一応本日をもって喘息の診療が終了する事になった。以前のCT画像との比較でわかったが、…

増殖する本

俺はそこそこ読書好きで、カミさんはめっちゃ読者家で、お互い本の数はそれなりに持っていたが一緒に住んだら欲しい本が重なる事もあるから減るかもねと話していたのだが、趣味が全く違うし、紙の本が好きだし、自分が買う罪悪感を消したいのか相手が買うか…

巨峰とサイダー

凍らせた輪切りレモンをたっぷり入れたグラスにサイダーを注ぐ飲み方を夏はよくやっていたのだが、俺の喘息のせいか今年は一回もやらなかった。今からでも遅くはないがやはり真夏にやるべき飲み方だったので残念なのだが、ふと貰い物の巨峰を凍らせてサイダ…

酔い

緊急事態宣言が解除されて、居酒屋で酒が出るようになったというニュースを見ていた、嬉しそうに酒を飲む人たちが映され「家で一人で飲むのとは違うね」と笑顔で言っている人がいたが、酒そのものよりも誰かと飲む事が禁じられていたはずで酒は飲んでもそれ…

箱にしまう

夢に中学の嫌いなクラスメイトが出てきて、何故こいつが嫌いだったか、ああ嫌だという内容の日記を書いていたのだが、ほどほど書いたところで、なんでこいつの事をわざわざ書かないといけないんだ、忘れたいのに書いたらもっと忘れられないではないか、不毛…

ゆっくり

朝、会社に行ったら業者が社内にいて何やら各々のPCで作業をしていた、そういえば何かするという話があったなと思い出し、ちょうど自分のPCがいじられていたので、部屋の端っこの椅子に座ってぼんやり見たり、iPhoneをいじったり、本を読んだりして時間を潰…

文は人なり

元アイドルが経営しているラーメン屋をめぐる案件は横目で見ているくらいだったのだが、騒ぎの中心となった人が反論ブログを書いたそうで、朝から話題になっているからついつい読んでみたのだが、これがなかなかのものであった、悪い意味で濃厚。書かれてい…

何も無かった夏

ここ数年、いや十数年近く、毎年夏にどこか行きたい、何かしたいと書きつつ、忙しさと暑さにやられて特に何もせずに終わっていって、ゆらゆら帝国の曲と共に「通りすぎただけの夏だった」と日記に書いているのだが、今年はそれ以上、もといそれ以下、いやい…

違う同じメガネ

わりと長いあいだ仕事用のメガネとプライベート用のメガネの二つを使い分けている、度は同じ、デザインが違うだけ。仕事服、部屋着、寝間着と着替える事で意識を切り替えられるのと同じようにメガネも替える事でモードが切り替わるかなと思ってそうしている…

寒くなったらくだものをたくさん食べたい

くだものは好きだけどくだものを使った甘い物は好きではないのであまり食べない。くだものはくだものだけで完結している。だけど自分では買わない、高いから、あと食べるタイミングを見失いがちだから。食後のデザートとして食べればいいだけなのだが。カミ…

底が抜けた、二度

起きてから昨夜のあれは夢だったのではないかと思いたかったのだが現実は非情であった。無理やり開けた隙間から中の物を取り出して、抜けた底を持ち上げながら棚を引き出す。修理できればしたかったのだがこれは底の板がそもそも薄くて耐久性ないので(組み…

安物買いの銭失い

日記を書くのを忘れていた事に寝る直前に気づく、疲れて帰ってきたのがもう明日だった。アップしたのは一四日という事になっているが、書いているのは一五日の午前二時直前である。何を書くかと考えながらiPad用のキーボードを棚から出そうとしたら引き出せ…

背中の穴

そういえば、一年前の九月は背中に粉瘤ができてその処置をした事を思い出した。先日黒猫の後ろ足の付け根にまた膿が溜まってしまい、病院で絞り出されて悲鳴を上げていたのだが、俺も粉瘤処置の時には「グヌッ~」と声が出たのでその痛さと辛さがわかる、初…

左足がうずく

二十年前の明日、俺はイギリスのオックスフォードにいた、大学の短期留学プログラムだ。何もあの名門オックスフォード大学に留学したわけではなくて、行った土地、街がオックスフォードだったというだけである。一度くらい海外で過ごしてみろと母に言われ、…

贅沢

部署で飯喰いに行く事になって、こういうご時世にそれは駄目だろとは思いつつ出かけていき、よしステーキだとなった時に、「ステーキかー……」とやや渋った応答をすると、「なんだ、いやか、贅沢だな」みたいな事を言われるのだが、別にもっといいもの喰わせ…

続・攣

咳のしすぎで妙なところが攣る事は以前書いたが、咳が治っているのにまだそれが続いていて、振り返るとワクチン接種二回目を済ませたあたりから多発している事に気づいた。筋肉注射だったのが関係しているのだろうか、そんな副作用は聞いた事がないが可能性…

午前零時が就寝時間

若い時の就寝は午前一時、遅くて二時頃だったのだがここ数年は午前零時になったら「寝なきゃ」と思うようになってしまった。寝なきゃどころか、もう深夜だとも思ってしまう、夜が短くなった。かといって朝や昼が長くなったわけではなく、長くなったのは睡眠…

ガンダムを見た

そういったわけで『機動戦士ガンダム』をNetfllixで全部見た。カミさんと駄弁りながらだと結構おもしろく、毎日三話ずつくらい見ていた、一人だったらたぶん見終わらなかったのではないか。前にも書いた通り、俺でも知っている名台詞がわりとあっさり出てき…

白泉社にはお世話になっている

Kindle Unlimitedはもうやめようといつも思うのだが、月が変わって新しいラインナップになると読みたいのがいくつか入っているので、そのままだらだらと続けてしまっている、それが相手の狙いなのだろうとはわかっているのだが。今月は白泉社文庫の漫画が結…

まだ咳は出ているけれど

今日は特に書く事ないなと思った時に、咳が治ったんだなとも思った。まだ咳は出ていて時折のど飴も舐めている、回復まであと二割といったところだから本当には治っていないのだが、わざわざ日記のネタにする事もないし、こうして回復具合をネタにする時にま…

アナログとデジタルの融合ではない

仕事で赴いた某所はわりとセキュリティが厳重なところで、入る際にいろいろと面倒なのは知っていたのだが、こちらの情報を書き込むのが紙ではなくタッチパネルに変わっていた。紙だとどこからどこまで書くのかざっと見てわかるし、たとえば相手の正式な部署…