不発連合式バックドロップ

日記と余談です。

続・国葬のつもりだったけど

昨日の「どうでもいい」は嘘でも誇張でもないが説明があまりにないかなと思って、今日少し書くつもりでいたのだが起きた時から不調なうえに朝から晩まで仕事で、さらに共同作業をしていた後輩が明日明後日と急に夏休みをとる事になって、つまりは自分に負担…

国葬

会社に行くとPCの交換をしていて、何もできる事がなかった。私の会社は古本とカレーの街周辺にあり、日本武道館は近い。ふと国葬とその周辺の様子を見に行ってみようかと思いついて、ふらりと行ってみた。賛成反対ではなく、こういうめったにない状況を見ら…

『絶版本』/この本が絶版になりませんように

「あなたがいまこそ語りたい『絶版本』なんですか?」という企画の、柏書房が運営するnoteの連載に書き下ろしを加えた一冊である。ちょうど早川書房周辺での絶版本をめぐる炎上事案があった際に存在を知ったがその時は読まず、このたび書籍化されて一気に読…

九月二五日、休日は休むものです

久々にいい天気である、にもかかわらず会社に行かねばならないのがつらい。昼飯喰ったらもう向かう。打ち合わせをして、ついでに他の作業もして、ひと段落ついたと思ったらすぐに退社。珈琲豆を買いに行っていたカミさんと合流し、カフェで一休み。本屋に寄…

九月二四日、明日の出社も決まりました

いつもの美容院へ散髪へ行くが、いつもと違うのはカミさんが同行している事である。カミさんは友人の美容師にずっと髪を切ってもらっていたがその友人が地元に戻り、さすがに遠いので違うところで切るようになったのがどこもしっくり来なくて、ずっと美容院…

九月二三日、渇き

特に予定がなかったので、映画の上映作品などを調べたらちょうどいい時間に見たいのがあったので予約。こういうふらっと見に行く事が久し振りな気がする。昼はカミさんの要望でフレッシュネスバーガーを喰ってから、映画館へ。下の写真はウォン・カーウァイ…

労働はクソ

火曜も休みだったので、今週は昨日今日の二日間会社に行けばまた休みで、連休と連休に挟まれるというのは非常に精神的によく、また二日しかないのだから軽いものだったはずなのに、あるいは二日しかないからなのかそこに仕事が集中して、妙に疲れてしまった…

壁を見る

日記に書く事が浮かばなくて、iPadを前にして、音楽を流しながら、なんかないかなーと机の周りの本を摘んだり、目の前の白い壁をただ見つめたり、何か考えているようで何も考えていない、でも一応考えている時間というのが結構楽しい、ネットやSNSを見ないで…

牛への道で眠っている

宮沢章夫が亡くなった。暴行事件騒動があった事と体調があまりよろしくない事は噂で知っていたのだが、まさかこれほど早くに亡くなるとは思わなかった、六十五歳。正直言って創作はそれほど好みではなく、飄々とした脱力ユーモアエッセイのファンだった。朝…

これを何と呼ぶ

定期的にといっていいだろう、SNS上で「男女の友情は成立するのか」という問いが話題になる事がある、今朝もなっていた。自分だけでなく相手次第でもあるので「人による」という身も蓋もないものが答えであろう、なので「するかしないか」であるなら「する」…

九月一八日、テレビつけっぱなし

断続的に強い雨が降っており、弱くなった時に散歩に出ようとするもすぐさままた強くなるので、諦めて家で過ごす事にする。昼飯(パスタ)を喰ってから、Amazon prime videoで『13人の命』、ずいぶんそっけないタイトルだな。タイで起きた洞窟遭難事故救出活…

九月一七日、森の中

黒猫の通院が終わったら(経過良好)もう昼だったので、改めて外出。何喰うかとさまよって、結局よく行く海鮮丼、うまし。喫茶店で茶を飲んだ後、本屋に寄って本を数冊買ってから会食に行くカミさんを見送り一人帰宅。昼寝。買ってきたパエリアを喰いながら…

タンスの中が自分の部屋

不調だった黒猫だが、まだ通院をしているにせよそれなりに調子を取り戻しているようでよかった。不調だとわかったのは食事の時間になっても全然姿を見せなかったからで、どこにいるのかと思ったら私のタンスの奥であった。最近着ていない積まれたTシャツを寝…

抜け殻

今日で終わりの予定だったのに先月に続いてまたもや先方の都合で明日にまで持ち越しになってしまったものがあって危うく脱力してしまいそうになったが力が抜けたら明日やっていけないので力を温存しておきたいのだけれど温めておくような体力気力はもはやな…

言うほど量は食べません

年齢的にも、またある程度健康を考えた上でも、定食などでライス大盛を頼めなくなったのだが、自分より若いならまだしも、同世代あるいは上の世代の人達が大盛にしたりお代わりをしてもりもり食べているのを見ると、自分とあの人達は何が違うのだろうかと不…

JLG

ジャン=リュック・ゴダールが亡くなった、九十一歳。ゴルバチョフが、エリザベス女王が、ピーター・ブルックが逝ってもそうは思わなかったが、ゴダールが逝ったら大きな一時代が終わったんだと思った。全てではないが作品は何本も見ているし偉大な映画監督…

鍵は折れない

出掛ける時に玄関に鍵をかける、帰ってきて鍵を開ける時に、毎回持っている鍵をさして回した瞬間、パキンッと音を立てて折れる気がする。そんな事はこれまでに一度もないし、家の鍵以外でも起こった事はないのだけれど、鮮明に映像が浮かんで、音も聞こえて…

九月一一日、夜は一人でカレー

パスタを喰ったらとっとと会社へ行き、作業。今日中に仕上げなければならない仕事があったのでそれにかかりっきりになり、夕方過ぎにできあがる。チェックを経て、先方にも送り、やれやれと一息ついた時にはもう夜で、そういや今日は九月一一日だけど、同時…

九月一〇日、月

月見バーガーとチキンタツタはカミさんのライフワークの一つで、今シーズンはまだ食べていないとの事だったから昼前に一緒にマクドナルドに行く。私はテリヤキバーガー、これしか食べない。会社に行って夜まで仕事をして家に帰る道すがら、見上げたら見事な…

愚痴っぽい日記ばかりですみません

関係ないとは言わないけれど、自分のミスではないのに流れ弾のように上司にキレられた。報告する係だっただけなのだが、報告する前からこれはキレられるなとわかっていたので怒りを受け流せたが、かといっていい気分なわけはなく、私は悪くないのだからすみ…

くしゃみ

猫が風邪をひいたのか、やたらとくしゃみをしているので病院で診てもらったら、風邪ではないという。風邪ならもっと鼻水が出て目もくしゃくしゃになるそうだが、そうはなっておらず、鼻もつまっているようで利いているみたいだ。ならよかったと思うが、黒猫…

原作小説は読むけどノベライズは読まない

近々公開される映画の予告を見たらなかなかおもしろそうで見に行くつもりになったのだが、そもそも原作小説の評価が高いらしく、調べてみたら翻訳本がちゃんと出ていたので、本屋に行ってあったあったと見つけてレジに持っていこうとしたところではたと思っ…

ファースト・テイク

いつ始まったかは知らないが、いつの間にか定着していた「THE FIRST TAKE」、たまに好きなバンドやミュージシャンが出るので見ている。一発撮りを売りにしているがライブや生放送のテレビと何が違うのかがいまいちわからない。マイクの前で横から撮るという…

不調一家

私が不調で、猫どもも黒猫を筆頭に不調気味、持病があるとはいえ我が家で元気なのはカミさんだけだなと思っていたら、今日はスマートフォンが壊れた事を皮切りに次々に事がうまく進まずミスばかりだったそうで、家に帰ったら凹んでいた。いま我が家は全体的…

九月四日、見る見られる見つめあう

気になっていたイタリア料理屋があったので行ってみる。「ここでしか味わえないパスタです」というオススメの一品を食べたら確かに他で味わった事のないうまいパスタだったので結構驚いた。他の料理もうまかったので、また来る。最近いい店を発見できていて…

九月三日、弾丸列車

黒猫の通院をしてから、立川へ。昨年末にできたばかりらしい、GALERA TACHIKAWAというフードコート的な幾つかの店が集まったスポットに行き、立ち食い寿司をつまむ、高めだけどそのぶんうまい。時間を潰してから、シネマシティ・ワンで、『BULLET BALLET』が…

ポール・ベンジャミン『スクイズ・プレー』/これが彼を見た最後の作品だった

誰あろうポール・オースターの変名による正調ハードボイルド小説で、オースターの幻のデビュー作だという。オースターが違う名前でハードボイルド小説を書いていたなんて全く知らなかったが、もっともそれ以外のオースターの事もそれほど知っているわけでは…

いつも目の下に薄く隈がある

別部署の人から「今日は顔色いいね」と言われたので、「昨日までは悪かったですか」と聞いたら「よくはなかった」と返ってきた。これまでに顔色がいいと言われた事はないのだが、その顔色がより悪かったのならば一体どれだけ悪い色をしていたのだろう。そし…

うとうと

前もって「喘息のせいで夜あまり寝られない」と周辺に伝えておくと、会社のデスクでうとうとしていても(とりあえずは)許されるという、裏技というか抜け穴というかライフハックというか、なんと言うかとにかくそれを見つけた。これで会社でいつうとうとし…

ぼちぼちです

眠りの深さが足りないのならばと長さで補うべく土日月と寝まくった結果、そこそこ回復。今日も一時間よけいに寝てから会社へ向かう。上司から「大丈夫か?」と聞かれたので「ぼちぼちです」と元気よく言ったつもりが「元気ないな」と返されてしまったのでま…