不発連合式バックドロップ

日記と余談です。

七月四日、ゴジラとコング

投票へ行く。都議選が国政選挙の前哨戦と言われると「そうかなぁ?」と思う事が多いのだが、今回はコロナ感染対策や自粛やらとリンクしているところが多いのでそういう見方もわからんではない、ないが結局都民ファーストという国政にはない要素があるだけに…

七月三日、夜散歩

散髪を終えてから、下北沢にコーヒー豆を買いに行っているカミさんと合流。昼飯はどこにするかといくつか店をまわるが休みか満席ばかりで、こういう時は新規開拓だと目に入ったカレー屋に飛び込む、まあまあ当たり、また行くかどうかは微妙。吉祥寺に出てバ…

当面はiPhoneだけでいい

Apple Watchみたいなスマートウォッチはガジェットとしてちょっとおもしろいなと思うし、欲しいなと家電量販店に見に行った事もある。だが、本当にいるのかと己に問いかけると、いや言うほど欲しくはないかと考え直す。Apple Watchは一時間に一回くらい立ち…

やっぱり、おかしくて、哀しい

本日『ファーゴ』シーズン3を見終えた。1と2は一人で一度見てカミさんと共に再見、3は二人とも初見。どのシーズンも生死があっさりしたものとして描かれており、映画のテーマ(キャッチフレーズ)である「人間はおかしくて、哀しい」が通底しているけれど、3…

六月三〇日、休めた

起きたらカミさんは仕事でいなかった。一人だとぼんやりしてしまって無為に時間を過ごしてしまう、これではいかんな、何かしようというところで図書館に本を返さねばならない事を思い出したので外出。返却してから今度は二つ隣の駅まで歩いていたら、仕事を…

六月二九日、休んだ

一度起きるがカミさんが居間でリモート打ち合わせがあると言い、邪魔にならないように自室に行くもただぼんやりしてしまうので、もういっそ寝てしまおうと寝室に戻って二度寝。起きたら十一時過ぎ。夕方から居酒屋でメシを喰うので昼は軽くしようと、外に出…

六月二八日、休めなかった

朝起きたらミスが発覚していた。全責任が俺にあるわけではないが対応できるのは俺だけだろうなと思って、これはもう会社に行った方が手っ取り早いと判断して昼過ぎに行く。ミスの確認と対応策を考えてから、さて上司に報告連絡相談怒られるをするかと電話を…

六月二七日、休ませてくれ

泣き言ばかり書いているがしんどい。昼過ぎに会社に行き、残り少ない作業を進めていく。集中力が全く続かないのは疲れている証拠だ、やる気なんざとうの昔にカラッケツ。一応本日が最終日になるのだがすぐさま七月が始まり、新しい仕事のスタートとなる、勘…

六月二六日、白身魚フライカレー

朝起きる時が一番だるい気がする。何とか身体を動かす。よろよろと家を出て、昼飯を喰ってから会社へ。黙々と地味な作業をし続ける。夜は全員でなく個別だったのでカレー屋へ。いつもカツカレーを頼んでいるのだがカツは人気があるからだろう、すでに揚がっ…

適当

以前書いたかどうか忘れたけれど、たとえば戦国時代で、この時にこの武将が何故このような行動をとったのかわからなければ様々な資料から読み解こうとするだろうが、実は単に何となくこいつが嫌い、あるいは好きだった、以前言われたひと言とか食事の態度だ…

寝てしまう

どんなに忙しくとも一定時間の睡眠は欠かさないようにしていて、それが健康を保つ最大の秘訣だと思っているが、それでも体力回復ができなくて会社のデスクで仕事しながら寝ている事がしばしばある、今日がそれ。部署自体がしっちゃかめっちゃかになっている…

だらだらずっと忙しい

そして終電間際帰りがまたもや始まった、もう飽きたよ。臨時仕事はやる事が多いけど、意外と地道にちまちまやるしかないような作業ばかりで、低調気味の現在の心身状態に合っているのが救いだ。低調なんだから一番必要な救いは休みである事はわかっているの…

白米

しょうが焼きや豚キムチなど味の濃いおかずの時は白米をおかわりしてしまうマンとして長年生きてきたが、先日来食が細くなってしまって、豚キムチが相手だというのにまさかの白米軽盛り一杯でフィニッシュを迎えてしまった、さみしい、マン引退か。とはいえ…

苦手な夏

外で待ち合わせた人に「夏、苦手そうですね」と言われた、どこを見てそう思ったのかはわからないが、「そうです」と反射的に言った後で、そうか、俺は夏が苦手だったのかと気づいた。嫌いではない、むしろ好きなのだが、好き嫌いは別として、体調悪くなった…

六月二〇日、何もせず

昨日が情報過多だったので今日はノー情報でいく。昼飯がてら駅前に出て、ちょっと豪華な海鮮丼を喰ってからぷらぷら散歩。途中でどこかで茶でも飲もうと思ったのだが覗いた店はどこも満席で、もういいやと食材を買って、アイスを喰いながら帰る。家で冷たい…

六月一九日、エヴァ三昧

先日カミさんが劇場でいわゆる「シンエヴァの薄い本」を手に入れたので見せてもらって、『Q』の前日譚マンガを読んだら『Q』を見直したくなって、でも『Q』を見るなら『シン』も見たくなるだろうな、だったらチケット取っておくかと昨夜予約サイトを見たら空…

仕事を引き受けてよかった

持ち回り仕事の当番だった、初めての人の補佐を二回やったのだからそれで一回分としてパスさせてほしかったが、それをわざわざ言うのもなんだなぁと思って引き受けてしまった。作業を進めて最終チェックしていたら、わりと大きいんだけど俺でなければ気づか…

低調

低調なまま今月の作業を終わらせた。このまま臨時仕事に突入するので不安なのだが、低調は低調なりにわりといろいろ対応できている気がする。普段が自意識過剰、考えすぎなのかもしれないとまたもや思ったり。思ったところで浅くはならない。いまはただ眠い…

ずいぶん前から三密はなるべく回避していた

ここ一週間くらい終電の時間帯で帰宅していて、二十三時過ぎの電車は人がいなくてよい。こういう事態になってからだいたい夜は人が少なめでいいなと思っていたが、そういえば今はまだ緊急事態宣言中だった、そりゃいないわ。そういえば先日、仕事の用件で朝…

漂う疲労感

昨夜は疲れ切っていて、さぞかしよく眠れるかと思ったら逆に疲れすぎてうまく眠れず、たまにある事だがそのつど『疲れすぎて眠れぬ夜のために』という内田樹の書名を思い出してしまうのがいやだ。まだ初期のそれなりにおもしろい頃のタイトルだからマシでは…

「大丈夫か」

わりと切羽詰まった無茶苦茶な進行と作業量を振られて遠い目になるところを集中して作業していたら上司から「大丈夫か」と聞かれた。進行が大丈夫かと、おまえは大丈夫かの二つの意味があるのだろうと思い、「大丈夫なんじゃないですかね」と曖昧に答えてお…

六月一三日、そこそこ復調

昨夜は久しぶりに朝まで熟睡であった、別に不眠というわけではなかったのだが最近は妙に朝早くに一度目が覚めてしまって、そこからは微妙に微睡む程度の睡眠だったので中途半端だった。今日も一度手洗いに起きたがそれでも寝られた、かなりスッキリした。や…

六月一二日、不調

寝る前に『シン・エヴァ』の入場者特典が欲しいが俺は行けない、カミさん行けたら行くかいと話して、最寄りの映画館を見てみたら席が一瞬で埋まっていた、公開四ヵ月近くで特典ブーストとはいえこれほどとは。まぁ実際俺も欲しいのだから見事に釣られている…

『2』も持っていたけどクリアはできなかった

本日の金曜ロードショーは『グーニーズ』だったそうで、まぁ俺は仕事だったので見ていないが、名作誉れ高い映画よりもファミコンで出たゲームの方が俺はよく覚えている。横スクロールで武器はキック、あと爆弾。ダイヤを集めて、仲間を探して、次のステージ…

発見の続きではないが昨日の続きといえば続き

昨日の日記を書いたあとでふと思い出したのは吉野朔実の『恋愛的瞬間』のある回で、久しく読んでいないので内容を確かめたかったのだが本棚のどこにあるかはわかっているが取り出すのがやや面倒な場所だったので記憶で書くのだけれど、主人公の羽左吉が自分…

発見の続き

昨日の日記を読んだカミさんが、「私のリアクションが薄かったのは、寝巻き上下を揃える事なんて意識していなかったからだよ」と言う。常に揃えずに適当に着ている、だから俺が(再)発見したような組み合わせは当たり前のものだという、そうだったのか。別…

同じ発見

寝巻きにするようなズボンが全然なくて、あると思ったものも見当たらず、ハーフパンツにはまだ早い、どうすっかなぁと悩んでいたところ、長袖長ズボンの寝巻きの下だけ履けばいいと思いついた。なかなかやるな俺、と自画自賛した時にふと既視感を覚えたので…

毒の花

散歩していたらある家先に「ご自由にどうぞ」と書かれた紙の下に紫陽花が置かれていた。剪定したものだろうか、にしてはキレイに咲いているので一つもらってきた。家に花を飾りたいと思う事が時折あるが、猫がいるので駄目だ、あいつらは花を喰う、喰わなく…

六月六日、毒戦

映画館に行くつもりだったが雨だったのでやめる、いや雨が降っていなくても行かなかったかもしれない。最近の自分の無気力具合がちと怖い。食欲が薄くなっているのも関係しているのかもしれない。せめてうまいものをと昼飯は最近お気に入りの店に行く。ドト…

六月五日、好きなファッションブランドくらいはあるけれど

いまだ緊急事態宣言中らしいのだが家の珈琲豆が切れかかっているので不要不急の外出をする。お目当てのイタリアンは臨時休業で、二番手の定食屋も満員だったので三番手の中華料理屋で昼飯。下北沢は人がわんさかいてどこが緊急事態宣言なのか、来ている俺が…