不発連合式バックドロップ

日記と余談です。

 ほぼ毎月行っていた蕎麦屋に一年以上ぶりに故あって行く、「ご無沙汰してます」「お久しぶりです、髪伸びましたね」、髪は明日切りに行く。蕎麦をはじめとした料理は前と同じようにおいしかった。「また来ます」「今度はもっとすぐに来てください」「そうしたいです、ご馳走様」、店を出て駅まで行く途中の金曜夜の繁華街は、これまで見た事もないほど人が少なかった。帰ったら緊急事態宣言延長についての首相の記者会見が行われていたので少し見たがすぐに消した。

長電話

 プライベートで電話をほとんどしないのだが、一人だけ時たま一時間くらい長電話をする友人がいて、今日かかってきた。いろいろ愚痴が溜まっていたので吐き出させてあげるのも目的の一つで、今日も長くなった。昔と違っていまはスマートフォンのスピーカーがあるので、電話しながらネットを見たりTwitter見たりできて(まぁガラケーでもやろうと思えばできるけど)、そうすると会話がおざなりになりそうになるので気をつけねばならない、特に悩みや愚痴を聞いている場合は。友人の相手は離婚した元パートナーについてのあれこれで、むろん友人の言い分のみしか知らないので鵜呑みにすべきではないのだが、それにしたってひどい対応をしているので、世の中こういう斜め上の人がいるんだなといつも感心すらする。無事に終わるといいがと言いたいが、すでに事は起きているのだから大変だ。

三並び

 令和3年3月3日の本日、結婚してから3+3+3の丸9年でした。だから何だと思うし、別に毎年この日にこの事を書かなくてもいいのだが、無駄にうまく数字が揃ったなと思ったので書いてしまった。とりあえずカミさんも猫どもも元気です、たぶん仲も良い、不安定なのは私だけ、ドンマイ。十年目もよろしく。

 三寒四温の温度差でやられているのか気圧のせいか、数日前から久々に精神不安定になってうまくコントロールできていない。誰かやどこかに八つ当たりなどはしないので自分自身の問題でしかないのだが。虚無感を覚えて厭世的になるだけなので外からはわからない、と思っていたがカミさんが言うには目に見えてテンションがおかしく虚ろな目になっているそうで、会社でもそうだとしたら結構怖いな。不安定でも辛くなる事は少なく、なんなら波に乗っているような感覚になる時もある、まぁ下手したら波に飲まれて浮かんでこなくなる事もありそうだが。こうやって文字にする事で気持ちを整理させて落ち着けばいいのだけれど。

仕事の夢

 ここ一ヶ月くらい仕事の夢を見る事が何回かあって、それもミスをするとか怒られるとかではなく、どちらかといえば俺が怒っている事が多い、思い当たりはないが何かしらストレスが溜まっているのだろうか。昨夜も仕事の夢を見たのだが、ある仕事先から「おまえが送ったデータをダウンロードしたら経費がかさんだ、そのぶん払え」と言われる夢だった。額は十二万円くらいで何で俺が払わないといけないんだ、百歩譲って大きなデータを送ってしまったのだとしてもダウンロード前に容量はわかるはずで判断できただろう、そう言ってやろうと身構えたところで目が覚めた。起きても内容を覚えていて、反論を言えなかったのでもやもやが無駄に溜まって二度寝したかった、夢の続きを見られるわけでもなし。

二月二八日、パスタ二食

 二月終わりか、春が近いな、花粉も飛んでいるし。ぶらぶら街に出てコメダ珈琲へ行って昼飯、初めてパスタを喰ったが結構うまかった、だけど量は普通なんだな、普通でいいんだけど。ゆっくりするつもりが本に身が入らず、混んできたので撤収。古本屋を回ってから帰る。家で『ハウス・ジャック・ビルト』を見始めるが途中で寝てしまう。起きて再生し直したら、子供をあっさり殺すシーンでちょっと驚いて目が覚める。飯の時間に見るものではないと、またもや途中で停止、今日はここまで。夕飯もパスタ。先日途中まで見ていた市川崑の『東京オリンピック』を再生、配信だと途中で止めてしまう事がよくある、集中力が続かないのか。吉見俊哉の『五輪と戦後』を読んだ後だったので、本作を河野一郎が選手の活躍記録が薄い事ではなく「施設の記録などが足りない」として批判した事を頭に置きながらの鑑賞になってしまった。確かに少ない。が、映画はおもしろい、撮影もさることながら怪獣映画みたいな音楽がいい。その後は『孤独のグルメ』を見る。

二月二七日、まずいものうまいもの

 久々に「大当たりー!」と大きな声で言いたくなるくらいまずいラーメン屋に入ってしまった、カミさんが静かな怒りで燃え上がっているのがわかる。早々に店を出て、仕切り直しのために入った喫茶店で「あたたかいものを食べたのに身体が冷え切っている」と笑いながらも目は笑わずにカミさんが言うので怖かった、俺もまずくて怒っていたけど。そこの喫茶店のチャイもまあまあだったので余計にガッカリしてしまった。気を取り直して映画を見に行く、『すばらしき世界』。わりと好評なようで期待していたのだが、残念ながら期待外れ。いや、クオリティ高いが故の期待外れと言えばいいか。いま書くと酷評になってしまいそうなので、もうちょっと考える。これはもううまいものを食べるしかないとカミさんと話し、最近お気に入りの店に行ったら満席になりそうなところに滑り込み。無事にうまいものをありつけて、帰ってカフェラテも飲めて、最後良ければ全てよし、満足な一日に。