不発連合式バックドロップ

日記と余談です。

暑い以外に書く事がない

暑中見舞いというのは七月頭から八月頭にかけてだそうで、それ以降は残暑見舞いになると知った時は、八月なんて暑さ本番だから残暑でもないよな、まぁ旧暦なんだろうけど、と思ったものだが、七月に入る前に暑中真っ盛りの暑さになると思っていた人は少なか…

味のプロレス/俺たちのプロレス

アカツキ『味のプロレス オールスター編2』(新紀元社)が出ていたので買う。『闘魂編』『王道編』『オールスター編』と続いた名前の第四弾はあるのかと思っていたら、『オールスター編2』で潔い。すっかりプロレスから遠く離れてしまったが(遠くからは眺め…

節電

朝起きたら二階の一室のドアを開けたまま冷房をつけっぱなしにしている、二十七度くらい。ここをつけておけば冷風が下に流れていき、全体的にいい頃合いになる。つけたり消したりするより節電になる。猫も人間も、暑さでやられて病院にかかるより電気代の方…

帰りたくない

夜の散歩はカミさんと近所をぶらぶらと歩く、二十〜三十分くらい。一人だったら怪しいオッサンだなぁと思いながらぐるりと回って、だんだん家が近づいてくると、まだ帰りたくないなと少し遠回りをする。一人だったらどこかへ行ってしまいそうだ、行ってしま…

電気シェーバーを試してみようかと思いつつ剃刀で剃り続けている

風呂から上がって、日記に何書くかなぁと考えながら自室で音楽を流しつつ頬に手をついたら、無精髭がなくなっていて、あれ?と思ったのはさっき風呂で剃った事を忘れていたから。改めて思い出したら確かに剃った記憶はあるのだが、一瞬でも忘れていた事に驚…

六月二六日、巨星墜つ

カミさんのスマートフォンが充電できなくなって、違うコードにしても変わりなく、そうこうしているうちにジャック部分から焦げた匂いまでしてきたのでこれはいかん、本体の問題だろうとカスタマーサービスに連絡し、あれこれしているのを横で眺めていたら、…

六月二五日、友人、吾妻さん

免許更新と健康診断のためにアメリカから一時帰国している友人と会うべく東京駅へ。感染拡大前以来なので三年半ぶりだが、変わりなく元気そう。向こうは坊主くらい短くしていた髪が結構長めになっていたのでその変化にはやや驚いていた。私の前に会っていた…

一方、カミさんは夏が好き

ご存じのようにもう暑くなってきている、六月の段階で三十度を越す事はないだろう、季節の繋ぎが雑どころか舵の切り方が急すぎて事故多発レベルである。昨年は喘息となってひどいひと夏を過ごしたわけだが、よくよく思い返すとよい夏を過ごした記憶はもうず…

ズレ

一人になりたいなと思う事が増えていて、たまたま今日は会社でも自宅でも一人の時間ができたのでよかったのだけれど、なったからといって何かしたいわけではなく、一人でぼんやりしているだけだった。家で風呂の水を抜いている間、出入り口に座り込んでただ…

アリがナシに

台所の蛇口から水漏れするようになったので修理を依頼。蛇口丸ごとの交換になって、前はレバーを上から下に下げたら水が出る仕様だったのが、今度は下から上にあげる仕様に変わっていて、ぺチッと軽く叩くようにして出していたのがそれをやるとゴッという音…

風景

台所に床下収納があるけど使わずその上に食器棚を置いているが、大家からその部分から床下の白蟻検査及び予防薬を撒きたいと連絡があったのは一年以上前であった。その時はこのような状況下で他人を家にあげるのは如何なものかという声が出たそうで延期にな…

六月二〇日、スパイ容疑

検索したらタイミングのいい上映時間を見つけたので映画チケットを予約。昼飯を喰ってから、『オフィサー・アンド・スパイ』を見る。ドレフュス事件を扱った作品で、と書いておきながら事件を詳しく知っているわけではないのだがともあれ、サササッと上辺だ…

六月一九日、数日前から冷房を起動しています

今シーズン初の半袖Tシャツ。まずは一票を投じてから駅前に出て、サンマルクカフェで軽く昼飯をとりつつ読書。某駅前のサンマルクは広いけど空いていて居心地がよいのだが、空いているから心配にもなる、長く続いてほしい。古本屋、スーパーを回りながら帰宅…

六月一八日、珈琲、牛乳

十時頃起きる、よく寝ている。ちょうど珈琲豆が切れたので下北沢に買いに行く。蕎麦屋で昼飯。豆を焙煎している間はいつものように別の珈琲屋で一杯なのだが、よく行く店がどこも満席だったので初めての店へ、なかなか当たり。古本屋で一冊買って、豆をピッ…

六月一七日、ぼんやり何かを見ていた

午前三時頃に寝て、昼前に起きて、しばし仕事をするカミさんを待ちながらだらっとAmazon prime videoで映画を見る。ひと段落ついたところで出かけて、修羅場明けの至高のタンメンを食して回復をはかる。喫茶店で仕事を再開したカミさんを前に本を広げるも活…

明るい日記が書きたい

とりあえず今日で修羅場は終わる、無事にと言いたいがあまり無事ではない、いろいろな意味で。それでも何とかここまで倒れずにやってこれたといったところか、いや一時期的でも倒れた気もするのだが。何だかずっと忙しくてずっと不調だったので、いいかげん…

やや復調

昨日は頭痛がひどかったので、また今日も心配していたが、やや復調。それでも食欲がないなぁと思っていたら、上司が鰻をごちそうしてくれて、体力気力もまた少し回復、何とか今日と明日を乗り越えられるかも。昨日の姉との昼飯といい、楽しくうまい食事は大…

「また来るから、また店を教えて」と言って去っていった

前に連絡はもらっていたがすっかり忘れていた、今日所用あって姉が職場近くに来るので時間が合えばメシ喰おうと話していたのだった。調子悪いわ忙しいわで無理そうだと連絡したら、だったらうまい店を教えろと言う。どこそこはいい、ここはどうだといくつか…

よりにもよって

引き続き不調気味だが、仕事はせねばならず、その仕事の出先で何故か生ガキを喰う羽目になって、流れ的に断るわけにもいかない状況になったので、不調のすきっ腹に生ガキを入れるという暴挙に出る。せめてフライかボイルにしたのだったら気持ちも楽なのだが…

六月一二日、不調

昼飯時もおやと思ったのだが、夕飯喰った後から何だか気持ち悪くなり、体調不調となり、これはあかんと上司に言って早く帰らせてもらうが、早くと言ってももう二十二時過ぎていたので早くはなかった。これはもう疲れが不調として出てきたのかもしれぬ、はて…

六月一一日、省エネでお願いします

昼過ぎに会社に行き、黙々とただ作業――またこれかよ、と思ってしまうような休日出勤である。書いた通り、先日の怒涛の忙しさに比べればゆるいものなので、楽といえば楽だが、会社にいたくないなぁというのが本音だ、当然の話だが。

榎本空『それで君の声はどこにあるんだ?』/言葉を探して声にする

マンハッタンのユニオン神学校で「黒人神学」の提唱者ジェイムズ・H・コーンから黒人神学を学んだ日々を綴ったエッセイ集。若書きといっていい拙さもありながら、いや、であるからこそ信仰、祈り、寄る辺についての言葉がダイレクトに響いて、再読必至の一冊…

せめて連絡をくれ

ある物が欲しくて知らない通販サイトだったが注文した。すると代金振込先口座が書かれたメールが二つ来た。二つ目のメールに気づいたのが最初に来た方に振り込んだ後で、どうなっているのかとメールで二度問い合わせたのだが返信がない、今度はHPのフォーラ…

疲れたばかりの日記ですみません

異常な忙しさを体験したので、普通の忙しさはどうという事がない、というと限界突破したかのようないい話風だが、単に麻痺しただけなのが実状だろう。多少は回復したが回復ゲージ満タンではなく三分の一くらいまでしか回復していないのですぐに疲れてしまう…

強さと試合時間は関係ありません

今日試合が行われるのは知っていたが18時30分開始では見られないだろうなと思っていた井上尚弥vsノニト・ドネア、家でメシを喰い終わり、カフェラテを淹れて飲みながらTwitterを見たら「いまから!」というツイートが目に入って、え、まだ試合やってないのか…

眠かった

何を書いたか忘れてしまったくらい昨日は眠かったらしい、今日も午後まで眠くて仕方がなかったが会議を乗り越えたあたりでちょっと落ち着いた。カミさんから自律神経がおかしいのではないかと言われたが、前におかしくなった時は(といっても勝手にそう思っ…

六月五日、ただ眠い

朝起きた時から眠くて仕方がなかった。午後に約束があったので昼に無理やり出かけて、人と会っている間もひたすら眠くて、家に帰ったらすぐにベッドに倒れた。夕飯で起きて飯を喰っていてもまだ眠くて、『鎌倉殿の13人』を見ている時も、夜の散歩の時も、た…

六月四日、更新

疲れているから景気づけに、という理由でいつもいいものを喰っているが今日もまた喰いに行った、焼肉。寿司と焼肉のよい店を最近立て続けに発見できたのはいい収穫だ。不動産屋へ行き、更新手続き、とりあえずまた二年。二年いっぱいいるかどうかはわからな…

そういう事です

起きたらどうしても身体が動かず、半休をとって二度寝をして、再度起きたら雷雨だったので、もういいかと後輩に今日は在宅勤務だとメールを出す。実際にやる事があるし勤務と言った以上は仕事するかとPCで作業をしていたら上司から電話、第一声が「どうしま…

繰り返し

この店は入った事があるはずだけど味の記憶がなくて、まずかったら覚えているはずだからまずくはないのだろう、と思って改めて入って食べてみるとだいたいまずくはないけど取り立ててうまくもなくて、だから印象が薄くて覚えていなかったんだなと思う事多数…