不発連合式バックドロップ

日記と余談です。

一月二〇日、だらだら過ごす

電車に乗ってどこか行くつもりだったが身体が重いのでやめる。ファミレスで仕事をするというカミさんについていき、本を読むが持ってきた二冊が一冊はつまらない、もう一冊は眠くなるとハズレで困った。余った時間はiPhoneをいじって過ごす。買い物をしてか…

一月一九日、グッチ

病院に行き、喘息の経過観察。九割治っているけどもうちょっとだけ薬を続けましょうという事になる、治ってから二ヶ月後くらいにぶり返しだしたのでその方がよい。一度家に戻り、薬などを置いてからカミさんと再び外出。駅前の台湾屋台で飯を喰い、喫茶店で…

一月一八日、豪遊

午前三時頃に帰宅、風呂に入り寝る。起きたのは十時頃、階下からカミさんが話す声が聞こえてきて、そういえばオンライン打ち合わせをすると言っていたのを思い出したので、そのまま一時間布団にくるまる。改めて起きて、あんバターホットサンドをカミさんと…

ぬれせん

差し入れでイチゴと濡れせんべいをいただいた、イチゴは甘く、濡れせんべいはシナッとしていた。ずいぶん前だが、「ガンコ職人」と書かれたせんべいが濡れせんべいだったのだが、果たしてガンコ職人は濡れ煎餅を作るのだろうか、どう考えても邪道に思えるが…

一月一六日、つつ

猫の見舞いに行くカミさんと病院前まで一緒に行く、顔を見に行くくらいしたかったが会社へ行く、残念でひどい選択をしている事がわかっている救えぬ自分を自覚しつつ。メールで虎猫は機嫌は悪くなく、連れて行く前のゲンナリ具合は軽くなっていた事を教えて…

一月一五日、再入院

虎猫の調子が悪いのだが会社に行かねばならず、カミさんに託す。午後に病院に連れて行ったら、あっちは回復したがこっちが不調で再入院するとの事、なかなかうまくいかない。白猫の方は入院からは落ち着いていて食欲も回復している、黒猫だけは相変わらず。…

詩を読み出す

一昨年末から歌集を何冊か買っていて、時折り開いては数首読んで閉じてそのうちまた開く、といった読み方をしていて、そこからちょっとした理由もあって、詩にも手を出し始めた。だがこれまで詩は散文に引用されている一説などを読んでその強さを感じていた…

年末年始に読んだ人物ノンフィクション

小佐野景浩『至高の三冠王者 三沢光晴』(ワニブックス)。三沢の一生を描いた評伝ではなく、1998年5月1日の全日本初のドーム大会の対川田利明戦までしかなく、それはタイトルにある通り三冠王者としての三沢光晴の姿と四天王プロレスを描こうとしたわけであ…

舌でさわって

抜歯の経過チェックのために歯科医へ行く、経過はおおむね良好だそうな。ついでに歯石のクリーニングをする事になったのだが、なにせ二十年ぶりなのでなかなかの溜まりっぷりらしい。超音波で削っていくそうで、ゴリゴリやっていき、最後に本丸の下の前歯の…

メガネがなくて目がねえ

会社に来た上司の顔に違和感を覚えて、なんだろうかと一瞬考えて、メガネをしていない事に気づく。いつも縁なしメガネなのでわりと目立たず、外している時もあるので気づくのに遅れた。どうしたんですかと聞いたら、忘れたと一言。メガネを忘れるものかねぇ…

一月一〇日、オープン・クローズ

今日も昼過ぎに誰もいない会社に行って、夕方頃に誰もいない会社から帰った。会社で唯一二日連続で休日出勤した事は脱力せざるを得ないのだが、意外と気分がよかったりもするのはバイトのころからオープンとクローズの作業と空気が好きだからかもしれない。…

一月九日、鎌倉殿

昼過ぎに会社に行く、誰もいない。自宅でも仕事は進められたのだがPCが不調な事、どうせ昼飯で外に出るつもりだった事、他にもちょっと用があった事などから行った方が早いなと判断した。途中、上司と短時間立ち寄った以外は誰もいなくて、鼻歌混じりに作業…

一月八日、猫、蜘蛛

白猫の検査日だが虎猫もちょっと気になる仕草をしているので、ついでだからと二人で二匹を病院に連れて行く。道中から院内まで二匹してずっと抗議の声を出していて、うるさいが元気そうなのでちょっと安心する、最初に連れてきた時は声も出さなかったのだか…

こっちを日常に

正月明け一週目が終わった、休みボケがありそうなところ、抜歯と健康診断と積雪という連休以上の非日常三連発があったせいか、気づいた時にはいつも通りの日常へと戻っており、休みの煽りを受けていきなり忙しかったのにも対応できた。よかったなと思ったけ…

白の三重奏

朝早く出て、健康診断へ。喰っちゃ寝で過ごした年末年始の影響が出たのか出なかったのかはイマイチわからない、悪くなった数値もあればよくなった数値もある。面談でガッツリ痩せた事は「がんばりましたね」と褒められた、言うほど頑張ってはいないのだが。…

抜いた歯

今年初の出社だった本日、人生初めての抜歯であった。親知らずを抜く事になった経緯めいたものは以前書いた*1、その日だ。上部分の親知らずは簡単、レントゲンを見ても問題なく終わるでしょうと事前に歯医者から言われていたものの、何せ人生初の抜歯なので…

一月四日、休み終わり

近所のファミレスに行って、昼飯を喰ってからはドリンクバーをお供に読書の時間。今年は故あって意識して詩歌に手を出していってみる予定、あくまで予定。三時間くらい滞在してから、散歩がてら遠回りでスーパーに行ってから帰宅。夜はかんずり鍋、うまいけ…

一月三日、見上げねば見えぬもの

初夢は見たが内容は覚えていない。駅伝見ながら鶏皮甘辛雑煮を喰らい、少しばかり仕事をする。オンラインでちょこちょこっとした作業だが、オンラインでできてしまうのだから便利で困る。終わらせてから外出。さすがにまだ三ヶ日、開いている店は少なめでぶ…

一月二日、初め

休みに入ってから毎日十時間近く寝ている、毎年年末年始はこれくらい寝ている。箱根駅伝を流しながら雑煮を喰う、うまし。和菓子屋の餅はそのへんの餅とはやはり違う。初詣も初映画も昨日済ませて、今日は初買い物といこうと街へ繰り出す。二日からもう初売…

二並び

二〇二二年です、明けております。最近は月日が経つのが遅くはないが早くもなかったのですが昨年は体調不良もあってか妙に早く感じました。今年はもう少しゆっくりじっくりたっぷり過ごせたらと思っております。おみくじ代わりの音楽シャッフル再生はゆらゆ…

ではまた

二〇二一年、暮れております。 振り返れば上半期はある事から怒りを覚え、そこから何故か食欲が激減してみるみる痩せていくというちょっとどうかと思う痩せ方をしてしまい、さすがにリバウンドするだろうと下半期に入るや喘息が出てさらなる不調、それがよう…

一二月三〇日、歩く

買い出しと散歩の一日。

一二月二九日、鰻、挨拶

一年以上ご無沙汰しているカミさんの実家へ行く、暮れのご挨拶といったところだが、単に飯をご馳走になるだけなので何だか申し訳ないと思いつつ、うまい鰻に遠慮なく舌鼓を打つ。すると、これも食べなさい、こちらの分もあげるよともらっていたらかなりの量…

一二月二八日、武道館

カミさんがオンライン打ち合わせがあるというので自室に引っ込んでいたが寒かったので寝室に移動し、iPadでネットを見たり漫画を読んだりして過ごす。打ち合わせが終わったら外出して、コメダ珈琲で昼飯と読書、持ってきた一冊を読み終えてしまったので手持…

一二月二七日、茶、忘年会

昼過ぎまで家で本を読んで、一冊読み終わったあたりで出かけるかと準備をしていたら、上司から着電。すわ急な仕事かミスかとおそるおそる出たら、「近くまで来たんだけどお茶しないか。ついでにiPadの調子がおかしいから見てくれ」との事。いつも頼っている…

一二月二六日、復活

冷え込んでいて今シーズン初のダッフルコートを引っ張り出す。キリッと冷えた空気は気持ちいい。久し振りに新宿に出て、目当てのラーメン屋があったが長蛇の列、次候補のパスタ屋も混雑していたので、もういいや、値段は高いけどうまくて空いているし年末だ…

一二月二五日、鴨、チキン

休みの初日は朝寝に限るが猫に起こされていつもの休日くらいの時間に起きる。だらだら過ごして、先日雑誌で駅前に蕎麦屋ができた事を知ったので行ってみる。やや並んで、雑誌に載ったから混んでいるんだなと思ったらホールがオバチャン一人で回しているから…

納め

今日が会社の仕事納めだった、毎年他の会社に比べて早く終わるのが有難い。方々に連絡して、何かあったらメールは通じるからと伝えておけばあとは何とでもなる、年末はみんな休みたいのでだいたい連絡は来ないのでのんびりできる。休めるだけでなく、終わっ…

はいしゃのしょうしゃ

「検診に行け、行ったら何か見つかる、早期発見早期治療が一番」、そう母に言われて歯医者に行ったのが二十年近く前の事で、以来行っていなかったが、このたび親知らずがのびてきて、食べ物が引っかかるなど嫌な感じになってたので、昨夜思い立って予約し、…

冬至

冬至なので柚子湯に入る。何故、柚子湯なのかが柚子が入った袋に書かれていたのだが、「融通がききますように」という願いが込められているとあり、単なる駄洒落じゃねえかと脱力したが、そもそも日本は駄洒落が多い、おせち料理はほぼ洒落だ。そういえば冬…