不発連合式バックドロップ

日記と余談です。

休日派炬燵設置日記

宣言通り炬燵を設置したら、予想通り猫が吸い込まれていってあまり姿を見せないようになった、スイッチをつけていなくとも出てこない、布団があるだけで違うようだ。ついでに寝室の正式な衣替えもようやく済ませる。 夕方早い時間に、うな串屋で一杯飲みなが…

炬燵出し

今日で今月の修羅場が終わる、疲れた疲れたと言い続けているけど今月もまた疲れて、些細ではあるけれど心がちょっとやられる出来事もあったものだから足元がふらふらしているのだが、寒くなってきたから忙しいのが終わったら炬燵を出さなきゃならない。人間…

「死ぬのを待っているんだよ」

ずいぶん前に知り合った時から会うたびに老人はそう言っていた。酒は飲まないが煙草をやたら吸う人だ、家族とは離れて住んでいる、金はない、博打が強いそうだが実際どうなのかは知らない、糖尿病を患っていて自分でインシュリン注射をしている、健康に気を…

『ザ・シェフ』を読んだ

『ザ・シェフ』が電子書籍全41巻のうち30巻まで一冊11円だったのでその30巻まで買って読んだ。この漫画はいつの間にか存在も内容も知っていて、近所の蕎麦屋か床屋か喫茶店かでたぶん読んだのだろう、そういう漫画としては『こち亀』『ゴルゴ13』と肩を並べ…

休日派予定日記

今日は涼しい、気候の運営が荒っぽすぎる、きめ細かくやってほしい。本来なら十月上旬には炬燵を出しているがまだ出しておらず、猫たちも平気な顔をしていたが今日は机の下に集まってきて座り込み運動を行っている。近日中に行う事を約束するが抗議の姿勢は…

休日派あれから約20年日記

昨夜寝るころには外はすでに静かになっていて朝起きたら見事な台風一過、雲もなく、風が強くて気持ちがよい。被害甚大な場所もあって、実際に埼玉方面に住む悪友から現地の惨状がメールで送られてきて息をのんだりしていたので、そうそうお気楽な事も言えな…

さんくすゆー

風が吹き、嵐呼び、天空高く龍が舞う。これまでもネタにしてきたように生粋の雨男で東京に住んでいる私の誕生日である本日、東京に大型で強烈な台風が直撃している最中、皆さんいかがお過ごしでしょうか、いかがも何もないか。さすがに台風は管轄外なのです…

前夜

とにかく今回の台風はヤバいんだからいろいろと備えておけ、備えあれば憂いなし、油断大敵火の用心、気張りすぎず慢心せずにできる範囲でできる限りの対応はしておいた、あとは起こってから。「自分だけは大丈夫」という正常性バイアスに気を付けろという記…

二度見に行った映画

数日前に「劇場に二度見に行った映画は『ダークナイト』と『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』と『地獄の黙示録 特別完全版』だけ」と書いたが肝心なものをうっかり忘れていた、『シン・ゴジラ』も二度劇場に行っている、DVDも買ったし配信で…

『ジョーカー』の感想補足

最初の殺人シーン、見ている時に何となく数えていて、だからあれ?と思ったのだが確信が持てなくて、今日ネットで同じ事を呟いている人を見かけてやっぱりそうだよねと思ったのは、アーサーが手にしたのはリボルバーで、という事は弾は六発しか入っていない…

書き直し

ネットである記事を読んで、それについて何か書こうとああだこうだ取り組んでいたのだが、取り止めがなくなったのでやめてしまった。ズバッと断言する方がらくだしウケるものだが、そうもいかない話の方が多い。何がキッカケだったか、いま家にある金井美恵…

ジョーカー/見えているものは見たいもの

「政治的な事に関心はない」とアーサーは言った、嘘ではない、本当だろう、確かに彼は政治のあれこれによって追い込まれていた、だが社会や政治に対して恨み節を言った事はなかった。彼はどこまでも自分の事にしか興味がなかった、それが教養があるかないか…

休日派ダークナイト日記

今日は涼しい、このまま気温が下がっていくかというとそうではなくてまた上がるそうで、寒暖差にもう疲れた、台風も来ているとか。早くキリッとした寒い日になってほしい、コートを羽織りたい。今日は長袖Tシャツ、曇天模様に真っ赤なロングTシャツ、それを…

休日派ピエロ日記

公園では蝉が鳴き、喫茶店では扇風機が回り、俺が注文したのは冷たいお茶と十月とは思えない暑さである。暖冬になるのかと思っていると一気に寒くなったりするのだから困る、季節の繋ぎが本当に雑になった、丁寧な運営を求める。 待望の『ジョーカー』を見に…

そういう付き合い

久し振りに悪友会であった、調べてみたらおそらく今年一月の新年会以来で、その時に「なんとなく今年は悪友会が増えそう」と書いたのだが、増えるどころか減っている、減っていてもあまり気にせず、久し振りでも久し振りな気もせず、「おっす」「おす」の挨…

「ま」

iPadのiOSをアップデートした、いろいろ変わっていてまだ慣らし運転中なのだが一番変わったと感じたのは日本語ローマ字入力の際にスペースキーを押すとちゃんと全角開きになるところである、「 」。これまではスペースキーを押せば半角開き、なのだろうかあ…

つけびの村/煙見て噂ついばむ小鳥ども

noteでの連載というより存在を知った時にはすでに書籍化が決まっていたので(だいぶ遅い)、改めて本になってから手に取った高橋ユキ『つけびの村 噂が5人を殺したのか? 』(晶文社)、いざ読み出したら一気読み、メチャおもしろい。「つけびして 煙り喜ぶ …

祭りと迷宮

ラーメン喰って帰る道すがら、神社で秋祭りが催されており、20時過ぎだというのに人手も屋台も盛況だったものでふらふらと入る。わいわいがやがやというひと気と熱気にあてられて、つい屋台で豚バラ串とみたらし団子を買ってしまい、二串くらい大丈夫だろう…

相変わらず整髪料は一切つけない

ボサボサに伸びて美容師にお任せで切るという散髪スタイルなのでわりと髪型の変化が激しい。そのためか散髪後十日ほど経ってようやく自分の髪と顔に見慣れる、直後はこれでいいのか、似合っているのか、変ではないのかとわからなくなる、美容師の「私がかっ…

休日派増税日記

スマートフォンの動作が鈍くなってもう限界だから機種変更をする、というカミさんに付き合って街に出るが増税前の駆け込みか、どこもかしこも混んでいる、明日も動けるのだから今日はいいやとカミさんが言うので、他に予定もなく、ミスタードーナッツでカフ…

休日派工作日記

下北沢に行き、キッチン南海で昼飯、ここではいつもはガーリック巻きフライを頼むのだが今日は久しぶりにカツカレー、ここのカレールーは神保町のとは違って黒くない、軽い、そこにカリッとした揚げ物が乗ると大変にうまい。コーヒー豆屋へ向かい、注文して…

ぎっくり腰

先日の「腰が痛い」という日記を読んだらしい姉から「ぎっくり腰はすぐに冷やさないといかんよ」というメールが届いた。寒くても半日は冷やす、そして安静にする、決して温めるな、悪化する、と続いた。冷やした方がいいのは知らなかったので覚えておこうと…

消費

他国への憎悪も、政治家への怒りも、誰かの追悼も何かの反省も、労働も生活も、はたまた歴史や政治、権力ですらもキレイにパッケージングされて、ただひたすらに消費して(されて)いっている気がする、そんな消費者である我々すらも消費されていっている、…

新PC

会社PCが新しくなった、故障していないが三年ごとに交換するという、前会社のケチとは雲泥の差である。データ移行及び使用ソフトのダウンロード、その他細部を自分仕様にすべくチコチコと作業を進めていく、面倒ではあるがこれはこれで嫌いではない、嫌いで…

Yo,two

腰が痛い、正確に言うと右後ろ腰のあたりが痛い、筋を違えた感じだ。会社で書類をプリントアウトして、プリンターへ向かおうと立ち上がったら、ズキッと痛んだ、重いものを持ったわけでも勢いよく立ったわけでもなく、グギッという音もしなかった、静かに痛…

休日派読書日日記

十時頃まで寝てしまう、居間に行き窓を開けたら熱風が吹き込んできた、暑い、だが室内は幾分涼しいのでホットのカフェラテを淹れる。曇天かと思ったら晴天で、家から出ないつもりでいたがぶらぶらと外に出る事に。家から駅までの間にあるイタリア料理の店に…

休日派昼飯は天丼日記

昼過ぎに古本屋をのぞいたら、少し前の日記でたまたま言及した斎藤龍鳳の『なにが粋かよ』を見つける、手にとって開き、巻末の年譜の最後を見ると引用した通り書かれていた、値段を見たら手頃だったのでこれも縁だと購入。 公園を散歩し、チャイを飲み、本屋…

休日派喜寿日記

夜、都内某所で上司の誕生会、と書くと毎年やっているようだが今年は喜寿、それでもまだまだ現役で働いているのでそれを祝した会である、めでたい、しかしよう働くよな、前に書いたように仕事が趣味であり人生のような人なので止まる時は死ぬ時なのだろう、…

前社長

半分仕事の某会に出たら、遠くの方に揉めた末にというか喧嘩別れしたというか、円満ではない形で辞めた前会社の社長の姿が見えて、つい顔を背けて逃げようとしたが、いや待てよと立ち止まった。以前新宿ピカデリーでもすれ違った事があり、そこでも面倒だか…

2018年9月下旬の日記

一年前の今日、カミさんが病気で倒れて即日入院をした。そこから年明けまでの三ヵ月はとにかくしんどくて、自分の人生でもっとも辛い時期だった、死にたくなるような悩みはないし、大きな難題を抱えているのでもないし、そもそも病気になったのは俺ではない…