不発連合式バックドロップ

日記と余談です。

五月四日、サリンジャー、アリ

 昨日は映画を見たので今日は読書だと決めたのだが最近集中力がないもので、小説、マンガ、ウェブ日記、紙の日記、文芸誌を行ったり来たりしながらちびちびと読み進めていく。読み差しだった文芸誌だけ読み終えて、それは『しししし』(双子のライオン堂)で特集はJ.D.サリンジャー。『ナイン・ストーリーズ』が一番好きで野崎孝訳と柴谷元幸訳二冊とも持っている。野崎訳は姉から誕生日プレゼントでもらったはず。『フラニーとゾーイ』も持っているがこちらは村上春樹訳『ズーイ』だけ。代表作の『ライ麦畑でつかまえて』は野崎訳を大学時代、春樹訳は出た時に一度ずつ読んだが全くピンとこなかった。中学・高校の時に読んでいたら違っていたかもなと思うが、あの頃でもピンとこなかったようにも思う。ではこの特集はどうだったかというと、サリンジャー作品はともかくサリンジャーについて書いた文章はわりかしおもしろく読めた。大崎清夏という詩人の一文が一番良かった。

 数日前から台所にアリが出るようになって、何かについてきたのかどこかから入ってきたのか、どうしたものかと悩んでいたのだが、昼飯(お好み焼き)の洗い物の最中にこれまでになく数を見かけるので、しばらくジッと観察していたら水道管と壁の隙間から出入りしているのを発見、すぐさまその隙間をマスキングテープで塞ぐ。残党と思しきアリは見かけるが数は出なくなったので正解のようだ。あくまで応急処置なのでパテか何にかで埋めないといかんだろうな。

 夕方前に散歩。いつも歩かない道を率先して歩いて、距離も少しのばしてみたら思いもよらぬ場所にカフェを発見。店内喫茶は休みだったがテイクアウトはやっていたのでアイスラテを買う。家のコーヒーも好きだけど、たまには誰かの淹れたコーヒーを飲みたい。早く喫茶店でのんびりできるようになってほしい。

 そう思って帰宅し、夕飯作りのタイミングで首相の会見が始まったので作りながら聞く。iPadNHKアプリから流していたのだが首相の「医師」とかそういった言葉Siriが起動すること二回。夕飯は豚チリ、何度喰ってもうまい。食後にカフェラテを淹れるが、ホットだと暑い、アイスを仕込む時期になってきた。

 と日記を書いていたら緊急地震速報のサイレンがスマートフォンから鳴って驚いた。寝ていても起きるようにしているのだろうけど、音がこわい。このタイミングでの地震などの災害は困るが、自然の知った事ではない、起こる時に起こる。人類はかくも弱いものだ。などと言っていたら今度はソフトバンクで(以外でも)通信障害が起こったらしい。検索して無理やり繋げたが、いろいろ起こるな。

f:id:dragon-boss:20200504180057j:plain