不発連合式バックドロップ

日記と余談です。

建築と曖昧

 いつも眠いわりには眠りの深度は浅く、やたらと夢を見る。他人の夢の話ほど興味を覚えない(おもしろくない)ものはないのだが、自分で書き残しておくと後で読み返しておもしろかったりする。私はよく夢を見るけれど、どの夢もほとんど内容は忘れてしまい覚えている事の方が少なく、今回いくつも見た夢も忘れてしまったのだが、珍しく夢で出てきた単語だけは覚えていて、それは「建築と曖昧」というものなのだが、もちろん出てきたシチュエーションも意味も言葉の並びも何なのかさっぱりわからないのだが、何故か二つの言葉と並びだけは鮮明に覚えている。