不発連合式バックドロップ

日記と余談です。

五月三日、川沿いリバーサイド

 連休は一日くらい近場に遠出(矛盾?)しようか、先日行った浅草のシーフード料理がおいしかった、そこへ行こうと決まったところで姉から飯喰おうぜと誘いがあったので、じゃあ一緒にここに行くべ、そうするべとなって本日我々は雷門前に集合したのであった。ある程度の混雑は予想していたが、人でごった返しており、それだけで帰りたくなったがレストランを予約したのでそうも行かず、人をかき分けながら向かった。料理はどれもこれもうまくて、甥っ子も大人と同じくらい喰うので5人いれば結構な種類が食べられてよかった。せっかくだからと行くには人が多すぎる気がした浅草寺に一応挨拶がてらお参りしてから、隅田川沿いに蔵前方面へ散歩、水辺は気持ちいい。姉が行ってみたいと言っていたカフェは味はいいけど、ちょっと居心地が悪くて、たぶんもう行かない。大江戸線蔵前駅で解散し、地元駅前のマクドナルドで改めて休憩してから本屋、古本屋に寄りつつ帰宅。夕飯は味噌煮込み。「プロフェッショナル 仕事の流儀」の小栗旬の回を見る。小栗の魅力は伝わったし、結果的にはそこそこおもしろかったが、ぬるい。庵野秀明の回でも思ったが、対象に肉薄する気があるのか、カメラで撮影する事自体が暴力的であって、だからこそ怯んではいけないのだが躊躇ってばかりだ。