不発連合式バックドロップ

日記と余談です。

七月一四日、三体

 十二時間くらい寝た。昨夜は二十二時くらいに寝て、八時くらいに起きられるだろうと思ったら全く起きれず、目覚めたらもう十時だった。寝過ぎた気もするが、起きたら不調から回復していたので必要な睡眠だったらしい。胃痛もなくなった、それどころか肉を喰いたくなったので、昼焼肉をキメる事に。久々に来た焼肉屋は人が全然いなくて、平日昼だからか、それとも減っているのかどちらだろう。俺の行く店では新型コロナの影響があまりないなと思っていたが先月くらいから閉店する店がちらほら出てきている、これはまだまだ広がりそう。

 ユニクロで会社用のシャツを買ってから、今度はコメダ珈琲へ。会社の行き帰りでちびちびと読み進めていた劉慈欣『三体』(早川書房をようやく読み終える、2が出たタイミングで1を読み出したのはちょうど図書館の予約の順番が回ってきたから。気にはなるが最近SFが読めないので買うのを避けていた。その俺が読み切ったのだからある程度のよかったのだろうけど、ノレはしなかった。現実パートはそれなりにおもしろく読んだが、ゲーム「三体」パートが全くピンと来なくて、終盤はシラケ気味に。2を読むだろうか、もし読むとしてもまた図書館で借りるかな、しかし2から俄然よくなるという評も聞くので、気になるといえば気になる。

 帰宅。雨が降るとお湯が出なくなっていたので修理を頼んでいたガス会社の人が来たので、工事の間、『ケイゾク』の特別ドラマを見る。四十五分で濃厚だったものを倍の時間にして薄めたような代物、リアルタイムで見た時もそう思ったような記憶が。あとは映画版だが、こちらはどうだったっけな、一応見届けるけれど。

 夕飯はペペロンチーノとサラダ。食後、家にあった少し前の『表現者クライテリオン』に『三体』をめぐる座談会があったので読んでみたら、参加者全員否定的なのはいいとして(一人くらいSFに通じた人を入れてもいいのに)、あまりおもしろいと思わなかった俺でもいかがなものかと思う批判だった、なんだ君たちは、SF初めてか。「こんな物質が出てきたら、何でもアリですよねー」と笑っているが、ある意味で何でもアリなのがSFであり、小説だろう、そこに説得力があるかどうかを問題にするならまだしも。本当にちゃんと読んだのだろうか。

 明日の仕事の打ち合わせ電話を一本してから入浴。そう、明日もう仕事なのだ。しかも遠出、上司と、ぐえ。たぶん土日も仕事だ。休息をくれ。

三体

三体