不発連合式バックドロップ

日記と余談です。

一番いい男はジョージ・ハリスン

 この祭りに参加しない手はない! という事でビートルズのリマスター盤を2枚ほど買う。テレビはともかく、ラジオも街中でもビートルズが流れまくっているが、やっぱりカッコよい。最近、昔のバンドばかり聴いているが、懐古趣味とかではなく、いいもんはいいのだ。
 何枚か試聴し、俺は音質などよくわからんのだが、そんな素人でも音のクリアっぷりに驚く。一音一音が弾けて聴こえてくる。とはいえ、初期作のステレオ盤は声は片方からしか聴こえないので、だったらデジタルのモノラル盤がよかったかもしれん。バラ売りないのは何で? まぁこれはこれでいいし、はっきり区別できるから、聴き比べも楽しいかもしれん。
 俺が今回買ったのは、まず『Rubber Soul』。まぁこれは鉄板じゃないでしょうか。もう一枚は、本当は『With The Beatles』にしようかと思ったが、試聴で聴いた“Twist And Shout”が強烈にロックンロール過ぎて『Please Please Me』にしてしまう。アイズレー・ブラザーズのカバーだけど、アレンジが最高で、これがオリジナルって事でもいいんじゃないでしょうか。ビートルズが王室主催の音楽演奏会に招待された時、この曲の前に言ったジョン・レノンの一言が、最高すぎる。

「次の曲では皆さんも協力してください。安い席の方は拍手を、高い席の方は宝石をジャラジャラ鳴らしてください」

 俺の世代は、思い出補正もなければ、崇めたてまつる存在でもなので正直に言うが、ビートルズ、特に初期のロックンロールバンドとしてのビートルズは、誇張抜きで、ぶっ飛ぶくらいカッコいい。
 とりあえず、あと『With The Beatles』『Revolver』『White Album』は確実に買うな。

PLEASE PLEASE ME

PLEASE PLEASE ME

RUBBER SOUL

RUBBER SOUL