不発連合式バックドロップ

日記と余談です。

プロレス

ご降臨

SMACKDOWN10周年のロック様のビデオメッセージを見たが、本当に来年1月RAWにゲストで来るのだろうか。プロレスをするのだろうか。結構、筋肉は戻っていたけど戦えるのか。何にせよ、うれしい限りである。一緒にストンコもどう?

プロレス愛2009

「ものまねプロレス祭2009 まねんのか!」を後楽園ホールに見に行く。昨日の両国に行ってないのに、今日これを見に行く事はないじゃないか、と己にツッコミを入れる。誘われたもんで、つい。出演はダチョウ倶楽部、神奈月、イジリー岡田、原口あきまさ、…

前座からやり直したら?

昨夜、寝付けなかったので「ワールドプロレスリング」を見た。G1クライマックス決勝戦、真壁刀義vs中邑真輔。 真壁が当時永田が持っていたIWGPに挑戦した時、《最初で最後の晴れ舞台》と俺は書いたけど、間違っていたんだなぁ。まさかあの真壁がG1優勝、しか…

夢の時間

三沢さん追悼番組についていろんな方が書いているが、俺も書きたくなったので書いてみる。 多くの感想と重複するが、ホント〜〜におもしろい試合ばかりである。しらけたり、緩んだりする場面がほとんどない。*1経過や結末を知っているのに、見入ってしまう。…

それでもトップロープへ

『レスラー』鑑賞。監督、ダーレン・アロノフスキー。出演、ミッキー・ローク、エヴァン・レイチェル・ウッド、マリサ・トメイ。 たいぶバイアスかかっているけど、傑作と言い切れる。この映画やミッキー・ロークを悪く言うやつは、俺がラム・ジャムでペチャ…

三沢さん

想いを吐き出して、ようやく落ち着いたところで気付いた。俺、大事な事を言ってない。 三沢さん、たぶん20年くらいアナタを見ていました。いろいろ大切なものを貰いました。強いってどういう事か教えられました。 アナタがいなければ、今の俺は絶対にいない…

三沢光晴とレスラーの事

『レスラー』を見た。チケット売り場につくまで、見るか見ないか悩んだ。見たくない気持ちはあったんだけど、見なければならない気もした。結局、日曜最終回は安くなるし、と言い訳をして見る事にした。一体、俺は何に対して言い訳をしたのだろう。 たぶん俺…

無題

三沢が……あの三沢光晴が。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090613-00000097-mai-soci ちょっと待て。そんなバカな話があってたまるか。どういうことだよ。早すぎる。早すぎるとかいう問題ですらない。何がなんなんだ。何が起こったんだ。試合中の事故…

空けておきます

武藤敬司&船木誠勝vs蝶野正洋&鈴木みのる、大決定。な、なぜこんなカードが。オマエら、心に破壊王はいるんだろうな。いるのか、あ? いるのか! よろしい、ならば8月30日、両国、行く方向で考えよう。

四次元

姉から「タイガーマスクのDVDが出るらしいけど、買わないの? つうか、買って貸してよ」と言われた。まさか姉の口からそんな言葉が出るとは。たぶん、もう出てるコレの事かと。買わないよ。見たいけどね!初代タイガーマスク大全集~奇跡の四次元プロレス1981…

ベルトを巻いたぶきっちょ野郎

棚橋弘至vs中西学を見た。中西、6度目のIWGP挑戦。例のインフルエンザの影響で二転三転、「棚」からぼた餅で決定した試合。 ちょっとだらだらと思うところを書かせていただきます。 言っちゃあなんだが、それほど手に汗握る試合ではない。棚橋はなかなかキレ…

とりあえずメモ

ちょ、ちょっと待てい! 中西学が戴冠だとぉー!?(新日本プロレス「Dissidence」結果http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/live/2009/2009050602/8.html) 試合見んと何も言えんが、こ、これはとんでもない事ですよ。姉さん、事件です。事件? 違う違…

「すげぇ」しか言えん

ジ・アンダーテイカーvsショーン・マイケルズを某所で見る。大感動。WWEの過去と現在、レスラー二人の集大成があった。WWE アンダーテイカー 15-0 [DVD]出版社/メーカー: 東宝発売日: 2008/02/22メディア: DVD購入: 1人 クリック: 13回この商品を含むブログ …

妄想にも程がある

ジョン・カビラのラジオ番組には「バーチャル・サッカー」なるコーナーがある。近く行われる試合を、脳内で先にやって、勝手に実況する代物だ。勝手な妄想なのに「決めてくれ〜」だの「ここでミス!」だのと朝の8時代に絶叫するのだ。勘弁してくれ。しかもこ…

あん時の猪木 完全版

単行本に大幅加筆され文庫となった柳澤健『完本 1976年のアントニオ猪木』を読んだ。*1再読になるわけだが、やはり圧倒的におもしろく、あっという間に読み終えてしまった。情緒的な感情を排し、事実や証言を書く事で猪木を浮き彫りにさせている(その証言の…

ネタバレか?

一部情報によると、レッスルマニアではHBKvsアンダーテイカーというカードが組まれそうだという。 そうか……二人とも、引退が近いと囁かれている中、このカードがレッスルマニアで……テキサス州ヒューストンは遠いなぁ。

そ、そうなの?

2月19日は「プロレスの日」なんだそうです。1954年2月19日、蔵前国技館で力道山・木村政彦vsシャープ兄弟の試合が行われて、それが日本初の本格的プロレス国際試合だったそうな。20年近くプロレス見ているが、初めて知った……東スポにも何も書かれていなかっ…

ビッシビシ

「星野が、脳梗塞!?」 「なんだって〜?」 「年末に試合したばかりなのに……」 「……星野って、野球監督のじゃないのか?」 何故、俺が星野仙一に反応しなければならなんのだ。星野といえば、魔界倶楽部総裁・星野勘太郎氏に決まっておるだろう、プンスカ。と…

レッスルの王国3回目

書くの忘れていたけど、新日ドーム見たんだった。

残ったのは痛みだけ

田村潔司vs桜庭和志が決定してから、一切の情報を耳に入れなかった。テレビ、雑誌、ネットで出てきた様々な言葉を、俺は知らない。田村が、桜庭が、そして前田日明が何を語ったのか、気にならないと言えば嘘になるが、俺は聞きたくなかった。 田村vs桜庭とい…

Uの過去と現在

田村潔司vs桜庭和志の試合自体については、また後日書くとして。 Uから離れレガースを「懐かしい」と言う桜庭を、Uにこだわりレガースをつけた田村が、否定してきたMMAの象徴と言えるオープンフィンガーグロープを付けて拳を振り下ろす。これが流されている…

ぼくさーレスラー

公開が待ち遠しすぎる。ブルース・スプリングスティーンがたまらん。*1 *1:http://blog.livedoor.jp/hirobillyssk/archives/1264516.html

UインターのUはUnionのU

12月31日、田村潔司vs桜庭和志が、ついに、ついに決定。 これから1年と8カ月か。本当に実現するとは。期待と不安がごちゃまぜだ。

Uという幻想の歴史

塩澤幸登『U.W.F.戦史』を読む。塩澤氏は『KUROSAWA』といい『MOMOSE』といい、やたらめったら分厚い本ばかり書く作家だ。これも638ページと分厚い上に、誕生・勃興編として1983〜87年の4年間のみ、3部作の一冊目だ。そりゃうっすいよりかはいいけど、厚すぎ…

上からの続きみたいな戯言

しかし。 しかしだ。「millions, and millions People」の一員として、やはりロック様の帰還を待ちわびてしまう俺もいる。 だって、そうだろう。俺は味わってしまったのだ。 2002年3月1日、横浜アリーナ。「SMACKDOWN! TOUR LIVE IN JAPAN」に参戦したんだ、…

カリスマとはこういう男の事を言うのだよ

『WWE ザ・ロック』を見る。副題は「The Most Electrifying Man in Sports Ent」(スポーツエンタテインメント界でもっともシビレる男)。この言葉に、偽りなしッ! インタビューを交えたドキュメンタリータッチの内容だと思っていたが、試合などストーリー…

ノーチャンス!

先日WWEで「マクマホンズ・ミリオンダラー・マニア」が行われた。社長のビンス・マクマホンが自らのポケットマネーで毎週100万ドル(約1億1000円)を視聴者にプレゼントする企画で、必要なのはWWEのサイト登録とパスワード入手のみ(簡単に入手できる)。一…

超獣忌

ブルーザー・ブロディ没後20年。さすがに橋本と違ってリアルタイムではないので思い入れは薄目だが、あのキャラクターと非業の死はよく知っている。ハンセン、ブロディのミラクル・パワーズの試合を見ていると、絶望的な気分になる。どんなタッグでも勝てそ…

破壊王忌

3年前のこの日、仕事で表参道にいた俺に先輩からメールが来た。その内容を読んで、混乱して、その場をうろうろしたのを覚えている。 この3年間、いま橋本真也がいてくれたら、そう思った事は何度もあった。 橋本の試合に感動した事も興奮した事も数えきれな…

昨日のアレ

昨日のエントリに対して、大変な数のアクセスがあり、また多くの人にブックマークしていただいた。有り難うございます。感謝感激雨霰。 いつも何かを書く時は誰かに届けと思っているが、実際に届いたのがわかるというのは、こんなに嬉しく快感なものなのか。…