不発連合式バックドロップ

日記と余談です。

2018年9月下旬の日記

 一年前の今日、カミさんが病気で倒れて即日入院をした。そこから年明けまでの三ヵ月はとにかくしんどくて、自分の人生でもっとも辛い時期だった、死にたくなるような悩みはないし、大きな難題を抱えているのでもないし、そもそも病気になったのは俺ではないのだけれど、公私の事情から少しずつ己の心身が蝕まれていくのが目の前で見えているのに止められない、そんな心境で過ごしていたのだ。この時の事や心境を自分なりに記録、備忘録として書いておいた方がいいな──そう思って、カミさん入院中の手書き日記を元にポメラに認めておいたのが今年の一月下旬だったのだが、実はその後の三ヵ月が年末以上にしんどい、今でもちょっと思い出したくないくらい、心身ともにヤバイ状態になるとは書いているこの時は露とも思わなかった。以下、そのポメラにあったデータに手を加えたものである。特にヤマもオチも教訓もないけれど、発病から一年の節目なので何となく公開。

───・───・───・───・───・───・───・───・───

続きを読む

休日派喰っちゃ寝日記

 昨夜終電に間に合わないと確定した時、あまじょっぱいものを食べたくなったので買っておいたハッピーターンをむさぼり喰ってしまった、そんなに量はないけど。作業を終えて、タクシーで帰って風呂に入り、床に就いたのが午前3時。起きたのは9時30、6.5時間睡眠ならまぁ普通だけど、全く疲れがとれていない。午前中はぼんやり過ごして、雨降るなか出かけてタンメンを喰らい、喫茶店で甘いものを食べて、帰ってきたらものすごい睡魔に襲われたので横になったら熟睡、これでようやく少し疲れが抜けた、喰っちゃ寝も時には必要なのだ。夕飯は鶏肉の柚子胡椒炒め、白米、けんちん汁、塩昆布キャベツ、キムチ。食後にホットのカフェラテを淹れて、Netflixで『ザ・シェフ・ショー』を少し。入浴、日記を書いて、寝る。

特に九月は長かった

 現在絶賛追い込み中で、このままだと徹夜にならないけど終電には間に合わない、というもっとも残念なパターンで終わりそう。だが臨時仕事もあった事を考えれば、まぁ及第点ではなかろうか。明日は涼しいらしい、長い夏が終わる。

 追記:残念なパターンで終わった。タクシーで帰る。

休日派働き方日記

 昼に会社へ行き黙々と仕事、一息ついてネットを見たらこの記事が目に入った。

Akonがエミネムのスタジオでの様子について語る。「彼はサラリーマンのようなスケジュールで動いてる」 | HIP HOP DNA

 エミネムさん、いいですね、その通りだと思う。一度だけライブに行ったよ、”Lose Yourself”を出した頃だ、幕張メッセだった、観客層がダボダボのタンクトップ着て鎖のネックレスかけて斜めに帽子をかぶった男と露出の激しい女ばかりだったので、俺はここにいていいのかと動揺したのを覚えている、ヒップホップのライブに行ったのはいまのところこの時だけだ。オープニングアクトがD12と聞いていたのに始まらず、どうしたんだろと思ったらいきなりエミネム参上で盛り上がった、はず、よく覚えていない、ライブが終わるや否やエミネムさんは自家用ジェットで帰国したと聞いた、日本をそれほど好きにはならなかったのかもしれない。その後も一応アルバムは聞いている、好きだよ、『8mile』もいい映画だったし。

 話を記事に戻すと、俺もいまの仕事は好きで(同じくらい向いていない、合っていないという気もしているのだけれど)、公私混同時間不明というメチャクチャな業界ではあるのは理解しているが(そもそも理解する時点でおかしいという説もある)、だからといってあまりに無体な働き方をしており、実はこれは業界や会社が悪いのではなく(むしろ転職して会社の環境は良化した)、ひとえに上司が「仕事はホビー、仕事は人生」という人なのが全ての原因だ。あなたはいいが、こちらは御免蒙りたいと避けていこうとするのだが、何せ直属の上司なだけに振り回される、そういったわけでこのザマである。この記事を読んで、いまの日本に《「9時〜17時」というサラリーマンのようなスケジュールで動いている》サラリーマンが本当にいるのかと自虐ともとれるコメントをつけている人がいるが、いや、そういうスケジュールで働くようにしたい、働きたい人は働けばいい、そこそこでいい人はそこそこでいい、そうしたい。そんな事を思いつつ三連休を三連勤、なおかつ全て午前様帰りというヘロヘロの状態の中、愛読しているブログが更新されたので読んでみたら、「この三日間のんびりまったり過ごして、日曜日はスーパー銭湯に行ってからセクシー美女(相方さん)とビールと焼肉、サイコー」と書かれていて、誰にでも休日はあり、休日に働いている人もたくさんいる、わかっている、だけど俺は何のために生きているのか、働いているのかとつい遠い目になってしまったのであった、今日も家に着くころは午前様、今月の作業もあと少し。

休日派同じようなものを喰った日記

 パンの田島でダブルホットドッグとピーナッツマーガリンをカミさんと半分こにしたのが昼食、夕食は会社近所の店でチキンカレー、そうしたらカミさんも家で余り物で作った大根カレーだったそうだ、合わせたわけでもなく同じようなものを食べたわけだが、大根とカレーは合うのか、水っぽくなりそうだが意外とうまいとの事であった、そのうち喰わせてもらおう。遅い時間に雨が降るというので雨用の靴を履いてきたが東京方面は降らなさそう、千葉は降るようで大丈夫かと心配になる、だが自分が疲れているのでその思いもすぐに薄くなってしまう、その程度。そんな事を思ってそろそろ会社から帰るという頃にパラパラと雨が降り出してきた。

休日派一年後日記

 昨日書いた通り一年前の日記を読んだのだがその時に五平餅の店が駅ビルに出店していて買った事が書かれていて、一年経ってまた来てないかなと思っていたらカミさんから「出てたよ」という連絡があったので喜び勇んで買いに行った、一年前と同様、会社に持って行って喰った、会社で五平餅を喰っている男は日本でもそれほどいないのではないかと思う。この店の出店は毎年九月なのだろうか、さらに過去の日記を探ればわかりそうだが面倒なのでやらない。あとはただ仕事しただけ。

今年は病気にはかかっていない

 一年前のこの頃の日記を読んだら体調を崩しまくっていて、それに比べれば今年はかなりいいんだけど、ただ一年前はこんなにずっと疲れていたっけな、体調崩してからずっと疲れている、「調子はどうだ」と聞かれたら「普通」としか言わなかったのだが、最近はもっぱら「駄目です」と言う、駄目なのは体調か人生か、必要なのは休みだけ、こういう事ばかりを書いている気がする、やっぱり駄目だ。