不発連合式バックドロップ

日記と余談です。

休日派地球儀日記

 姉から「(甥っ子の)誕生日プレゼントは地球儀で」というメールが来たのは誕生日の一ヶ月ほど前で、まぁ何かしらあげるつもりだったのでリクエストを受け入れた。地球儀なんか欲しいんだな、すぐに飽きないか、おもしろいのか、いや飽きないかあの子は、凝り性だしマニアックだし、と思って調べ、これかなと決めた数日後に再び姉からメールが来て、「何気なく欲しい地球儀があるのか聞いたら、これって……」と送られてきたのが驚きのお値段だったもので、ちょっとたじろぐ。だが甥っ子はすっかりもらえるものと思っているようで、これはまいった、じゃあクリスマス、お年玉、小学校の入学祝い全て合わせてという事で話をつけて、誕生日の午前中に届くようにした。当日動画が送られてきてたいそう嬉しそうだったので、とりあえずはまぁいいかと思ってしまうくらいには簡単なオジさんであった。

 これが先月の事で、今日は姉一家と忘年会として飲茶食べ放題に行ってたらふく喰ったのだが、食後、店を出るや甥っ子に手を引っ張られ三省堂書店に連れて行かれた、本を買ってもらえると思っているようである。おいおいそういったものはもうあげただろうと教えると、これは贈り物とかではなく、今日の、何でもない買い物であると言う、おかしな話ではないか、姉夫婦を見るとニッコリ笑顔だ、おいこら。甥っ子は二冊選んで持ってきたので、つい「二冊は駄目だよ」と言ってしまい、という事は一冊はいいんだなと認識されるわけで、すぐさま一冊に絞った、交渉がうまいのか俺が下手なのか。わかった、もういいよ、買うよと一冊レジへ持っていく。今後も会うたびに何かしら買わされるのか、来年は姉一家に会う機会を減らした方がいいのではないか、でも甥っ子には会いたいし、まぁ本くらいなら……と思いそうになって振り払った、甘すぎる、そんな事を思う年の瀬であった。

休日派今年最後の豆買い日記

 ちょうど朝のコーヒーで豆が切れたので買いに行く。いまの下北沢駅前は線路があったところには何も建物がないから、直線でスッと空が抜けていて気持ちがいい、いずれきっと何かしらの商業施設などが建てられてこの空の抜けはなくなってしまうのだろうと思うと残念でならない。キッチン南海で昼飯を喰い、豆を注文、焙煎の間に古書ビビビなどを覗く。豆をピックアップした時に「たぶん今年最後ですね、よいお年を」と挨拶。修羅場後の「よいお年を」は年の瀬である事を実感させられる。食材を買いがてら帰宅。またもや転寝、よく寝てしまう。夕飯を喰ってから新しい豆でカフェラテ、今回のは当たりで特にうまい。Netflixを少し見てから入浴、日記書き、読書、寝る。口内炎はだいぶ回復、明日には治っているか。

休日派寝てばかり日記

 終電で帰って寝たのは2時30分頃のはずで、9時過ぎに目が覚めて、カミさんが出かけるのを思い出したので床を出て一緒にカフェラテを飲み、見送ってから二度寝、再度起きたのは12時だがそのまま炬燵で猫とぼんやりしていたら13時過ぎたのでぼちぼち着替えて外出。駅前のジョナサンの一人席で昼飯とドリンクバーと、持ってきた本と行きがけに買った漫画と。しばらく過ごしてから、隣駅まで散歩。カミさんから夕飯は別でという連絡が来たので、てんやで天丼を持ち帰りに。家の炬燵に入ったら気を失うように寝てしまう。起きてあっためた天丼を喰いながらNetflixで『マリッジ・ストーリー』、ようできとる。帰ってきたカミさんの土産話を聞いてから入浴、日記書き、寝る。口内炎まだ痛い、早く治ってくれ。

舌が足らない

 口内炎が痛いのに内外でいろいろと話さなければならない修羅場最終日、話すたびに「口内炎なんですよ、舌足らずですみません」、舌足らずはめくらみたいに放送禁止用語だろうか、舌が足らない、目が暗い、口内炎が舌にできている場合は舌余りの方が適している気がする。忙しいのが終わったら治るはずだ、きっと。

今年のSpotify

 Spotifyから「2019年まとめ」が届いた。それによると曲数では5559曲、時間にすると26134分=約436時間、一日平均1.2時間くらい聞いていたそうである。一日のサイクルとしてはそんなものかと思うが、昨年に比べて12000分=200時間くらい減っているらしく、それは何故だろうかと不思議だったが、考えてみれば簡単な話で4月にThe Yellow Monkeyの『9999』が出てこれはフィジカルで購入し、以降はそればかりを聞いていたからだろう。CDを買った上にSpotifyで何回も聞けば彼らに金が入る事はわかっているけど、そこまではしない、CDの方が音源がよいのでそちらを聞きたい、その時にイヤフォンもワイヤレスから有線のに戻した。

 一番聞いたアーティスト、ミュージシャンやバンドをアーティストと呼ぶのは嫌いなのだが、はサニーデイ・サービスだそうで、確か昨年末に全曲配信が始まったタイミングで聞き始めて、わりとヤバイ状態の自分に妙に染み渡ったものだからイエローモンキーが出るまでは聞きまくっていたように思うので妥当かと。以下、The Cure、Kan Sano、The Novembers、Chance The Rapperと続く、ジャンルがバラバラで、人数でいえば305人、国数でいえば30カ国に渡り、ロックポップジャズクラシックR&Bメタルファンクヒップホップと分け隔てなく(こだわりなくとも言える)聞いているつもりでいたがSpotifyからも「ジャンルはとらわれていない」とお墨付きをいただいた。好みはあるけど、良いというなら聞いてみる。

 だから来年もたくさんの人が「これ、よかった」「最高だ」といった声を大にして言っていただきたいと思う。どれどれと聞いてみる、そして世界が広がっていくだろう。最近、音楽の感想を書いていない、映画も本もあまり書いていない、もっと書いていきたい。とりあえず愛読しているブログがプリンスの全アルバム紹介をしているので、それを参考にして年末にいくつか聞いてみよう。

 曲単位では以下がベスト5だそうだが、1位から4位まではいつもああだこうだなんだかんだと言っているバンドとミュージシャンでおもしろくもなんともないのだが、結局、俺の中の核は彼らなのだと再確認、再確信した気がする。年末ドームにも行く、死ぬまで追いかける。宮本とは最近縁がないが、何とか紡ぎたい、音源聞くのもまた縁ではあるのだが、やはり生でその声を歌を聞きたい。


THE YELLOW MONKEY - I don't know


宮本浩次-冬の花


宮本浩次-Do you remember?


宮本浩次-going my way

 最後の5位、彼らの事は実は結構好きで、フィジカルでこそ買わないものの配信でよく聞いている。ドン底状態の俺はこの曲のやさしさに泣きそうになりながら口ずさんで夜の街を歩いていたのをよく覚えている、何度でも君は鳥になって。

どこへどこへ今向かおう
目には秘めていた情熱
地図から消した憧れまで昇れ
風に流されたふりしながら

ぼーっと

 修羅場真っ最中だが某所に書類を取りに行く事になり、外に出たら先方の都合で30分ばかり空きができてしまったので、駅ビルにあるカフェで時間を潰した。カフェオレを飲みながら、中途半端だから本も読まず音楽も聞かず、ぼんやりと他の客を見ていた。ビジネス街が近い駅ビル、多くの人がPCを睨んだり誰かと話したりと仕事で忙しそう、かくいう俺も仕事の待ちなのだが、ぼーっとしていた。そのまま意識をどっかに飛ばせたかった、あるいは肉体もどこかに飛んでいきたかった。

久し振りの口内炎

 口内炎ができてしまった、痛い、疲労のせいだろうか、久し振りだ。以前はしょっちゅうできた、最近はできず、違いはなんだと考えたらこの一年くらいで自炊が激増した事に気付いた。自炊というか、カミさんの料理だ、何せ彼女が病気になって家にいる時間が増え、それ自体は残念な事だがそのぶん料理ができるようになった。共働きの時はひと月20日くらい外食していたと思うが(だから昼飯はなるべく弁当にしようとしていた)、それが逆転して月20日くらいは家で夕飯を喰っている(だから弁当が減った、弁当箱をなくしてしまったし)、栄養バランスの観点から口内炎が減ったのではないか、たぶんそうだ。夕飯あるからと会社帰りに映画館に行く機会も激減してしまった、もう少し映画館に行ってもいい気がする。